momentum ホーム 2017 iNeed Z-3-I特集!

momentum ホーム 2017 iNeed Z-3-I特集!
iNeed01

――― iNeed Z-3-I
今回は、フラットバーロードであるiNeed Z-5AIR-Iに引き続き、「クロスバイク」のiNeed Z-3-Iの特集です!さて、両者にはどんな違いがあるのでしょうか?これを読めば悩みも解決・・・?!


▼クロスバイクとは
ロードバイクとマウンテンバイクの中間的な立場の乗り物であるから、交わる=「クロス」という名前がつき、現在は幅広い年齢層で親しまれています。見た目はロードバイクとハンドルの形状しか変わらないように見えるけど、変速機などにはマウンテンバイク用のものを使っていたり、タイヤが太めだったりと、より日常使いに適した作りにした「いいとこ取り」のバイクが、クロスバイクなのです。



z3_2”  class=


▼安定感のある走りができるZ-3-I
いいとこ取りバイクのクロスバイク「iNeed Z-3-I」は、快適な走りができるようにこだわりました。まず、乗車した時の姿勢。ハンドル部分を上向きにして、前傾姿勢になりすぎないので、初めてスポーツバイクを乗る時の「怖さ」を軽減しています。次に、幅広いギアのマウンテンバイクコンポーネントのSHIMANO Tourneyを搭載しているので選べるギアの数が多く (21段変速)、軽いギアも揃えているのでストップ&ゴーの多い街中での使用に適しています。さらに、クッション性のあるサドルを使用しているため、ちょっとした段差を越えても響かず、長距離サイクリングでも疲れにくいのです。


ハンドル”  class=

サドル”  class=


▼機能面でも充実!
iNeed Z-3-Iはより日常使いに適しています。クランク部分にはカバーを搭載し、チェーンの汚れから大切なお洋服を守ります。さらにスタンドも装備しているのでどこでも立てて止めることができます。もちろん、iNeed Z-5AIR-Iと同様ベルとリフレクターも標準装備です!


チェーンカバー”  class=


▼かくれた場所にもこだわりを
フレームのロゴマークをよく見ると、キラキラ光っているのがわかります。晴れた日の太陽に照らされても美しく、室内で保管するときもインテリアとして輝くでしょう。そして、いろいろなところをみてみると・・・momentumのロゴが隠されていたりと遊び心も加えているのです。見えないところもおしゃれに、きれいに。フレームの形も緩やかな曲線がいいですね〜・・・なんて書き始めたら止まりません。皆さんも実際にお店に見に行ってみてくださいね!

 
z3_5”  class=

z3_4”  class=

z3_8”  class=


▼お求めやすい価格でお手軽サイクリング
たくさんのこだわりが詰まったiNeed Z-3-Iですが、価格は37,800円(税込40,824円)と、一般のクロスバイクの中でもお求めやすくなっています。 今回ご紹介したブラックの他にも、ホワイトとレッドがあるので、ご友人やご家族、恋人などと色違いで乗ってみてはいかがでしょうか。 おそろいのクロスバイクで公園までデート・・・なんてさわやかなカップルなんでしょう!たくさん増えたらいいなぁ~♪

 

▼今回ご紹介した「ブラック」のデザインはこちら

 
iNeed05

▼ツヤのある白いフレームに青いラインが際立つ「ホワイト」のデザインはこちら

 
iNeed05

▼凛としてしなやかな「レッド」のデザインはこちら

 
iNeed05

▼iNeed Z-3-I
Speed : 3×7
Size : 420 460
Weight : 420:12.3kg 460:12.45kg
Color: ブラック、ホワイト、レッド
適応身長 : 420:150cm~165cm、460:165㎝~180㎝
販売価格 40,824円(税込)


くわしい製品情報はこちら

pagatop